おしらせ

2023-01-09 11:50:00

外来運用の変更 ~発熱外来について~

=2022.12.12より変更しています=

これまで、発熱の有無やWEB問診を1人1人確認しコロナが疑わしい方とそうでない方とで診察時間を別にできるよう努めて参りましたが、カゼ・RS・ヒトメタニューモウイルス・胃腸炎などの発熱性疾患がとても多く、12月に入ってからはインフルエンザも出始め、発熱の有無だけで外来時間を区別することが難しくなってきました。皆様にも、どの時間帯で受診すればよいのか悩ませてしまっていたと思います。今後はコロナ感染症と確定している方とそうでない方で時間を分けることにいたしました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


①コロナ感染症外来
a)受診する本人が自宅や医療機関で検査陽性またはコロナと診断されている
b)コロナで学級閉鎖になっている・同居する家族にコロナ感染症と診断または自宅での検査で陽性の方がおり、受診する本人が発熱や咳、鼻汁、咽頭痛といった症状がある(無症状の方の診察や検査は行いません)


②一般外来
①に当てはまらない方はこちらになります。発熱がありコロナが気になるという方は、発熱後24時間以上で鼻腔の抗原検査キットで検査していただけると助かります。24時間経たないが具合が悪いので診察希望という方は検査せず予約していただいて構いません。

③専門外来:定期的に通院し治療を受けている慢性疾患の方で、咳や下痢などの感染症状を伴っていない。(例えば便秘の薬がないから受診したい・でも今咳が出ているという場合は一般外来へ)

となります。予約を取りましたらWEB問診への記入を当日朝8時までにお願いします。内容によっては診察時間の変更をお願いする場合がございます。よろしくお願いいたします。

 

※今後コロナ感染症が”5類”扱いとなれば、全国的に発熱外来はなくなり、発熱の子もそうでない子も待合室で一緒に待機せざるを得ない状況になると思います。コロナ前と同じと言えばそれまでですが、この3年間マスクをして感染予防対策をしてきた方々にとっては、病院に行ったら別の感染症をもらいそうで嫌だなと感じるとことと思います。(すでにそうなりつつありますが)

咳や鼻汁があっても、熱がなく、元気で食欲もあり、睡眠中に咳で何度も起きることがなければ、ご家庭で少し様子を見られても良いと思います。咳や鼻汁を一発で鎮める薬はありませんので。。。

2022-04-19 19:44:00

おねしょ相談外来開設しました(オンライン)

オンライン診療メニューにおねしょ相談外来を新設いたしました。5歳以上で毎晩のようにおねしょする場合を夜尿症と言います。生活改善(水分摂取の工夫など)や飲み薬での治療を開始するのは5歳以上とされています。夜尿症は自然に治るケースが多いですし、重症化することはありませんが、中には何らかの病気が潜んでいることもあります。また、夜尿の治療は長期戦になることも多いため、ご相談はなるべく早い方が良いと考えます。林間学校などの宿泊行事が間近に迫ってから治療を始めても間に合わないからです。治療の第一歩として水分摂取の工夫など生活改善からお話を始めることが多く、オンラインでの方が時間を十分かけてご説明できるので、まず初めのご相談はオンラインで承ります。どうぞお気軽にご予約ください。オンライン診療のやり方については、このHPメニュー内にオンラインについてのページがありますのでご覧ください。

2022-04-19 10:24:00

日本脳炎ワクチン再開です!

お待たせいたしました!

 日本脳炎ワクチンの入荷が安定されてきましたので、今までお待たせしていた1期追加、2期の方の接種が可能です。ただ、予約が集中した場合は取れないかもしれませんので、その場合は数日おいてからお取りいただくとできると思います。

2022-03-24 12:50:00

コロナワクチンのこと

5歳からのコロナワクチンが始まりました。いろいろな情報があり迷われている方も多いようです。診察時にどうしたらよいか相談されることも多いです。結論から申しますと、ワクチンは接種してほしいです 理由は以下の2つです。

①免疫をつけてコロナに負けない体を作る 

②かかった場合に子供に使える薬がない

 

コロナウイルスだけなく、インフルエンザや麻疹などたくさんのウイルスに対するワクチンがあります。どれもその病気にかかると重症になってしまうから免疫をつけましょう、というものだと皆さん理解していると思います。子どものコロナはいまのところ重症化率は高くありません。なぜこどもは重症化しないのか、その理由はまだよくわかっていませんが、重症ではないからワクチンをしなくても良いと考えるのは少し違います。

風疹ワクチン(MRワクチンとして麻疹ワクチンと合体しています)は妊婦さんを守るためのワクチンです。子どもが風疹にかかっても重症になることは少ないのですが、妊婦さんがかかって風疹を発症するとかなりの確率で胎児に影響が出ることが分かっています。そのため、優生保護法で唯一堕胎が許されています。そんな悲劇を避けるため、風疹自体を減らそう!ということで子供全員にワクチン接種しています。(30年前くらいは女子のみの接種でしたが、その後男女とも接種するようになり風疹はかなり減っています)また、みずぼうそうもいまは薬があるのでかかっても重症化することはあまりありませんが、免疫の低下した状態の方(抗がん剤治療など)がかかると重症化することがあるので、それを防ぐためにワクチンが開発された経緯があります。今は1-3歳の子供に無料で2回接種できますので、みずぼうそうは激減しています。(水ぼうそうを診たことがない若い小児科医師も存在するほどです・・・。私は生き字引のようになってしまいそうで歳を感じます…(笑)

このように、ワクチンは個人を守るためと全人類を守るため、の2つの目的があるのです。コロナは今のところ高齢者や基礎疾患のある方が重症化しやすいと言われています。いま子供たちがワクチンを打つ目的は個人<全人類だとは思いますが、接種することで個人の免疫も必ず上がります。今の制度のままだと、コロナを発症した人は10日間外出できず、家族も最低1週間は外に出られません。それは大変なことです・・・。免疫をつけるということは、コロナに立ち向かう武器を持つということです。接種しなければ丸腰で戦うことになるわけですから。。。

 

また、すでにかかった人についてですが、ワクチン接種して大丈夫です!というか接種は必要です。ワクチンはコロナウイルスの本体部分の免疫をつけると理解してください。先っちょがいろいろ変化するのでデルタ株やらオミクロン株やら名前がついていますが、本体の免疫をつけることで体が対応できるのです。変異の強さによっては対応しきれず症状が出てしまうことがありますが、この先まだまだ変異はし続けるであろうコロナウイルスに対して免疫をしっかりつけておく必要があります。オミクロンにかかってもコロナ本体の免疫がしっかりついたわけではないということなのです。(ちょっと難しいね💦)

2022-03-24 12:37:00

コロナワクチンの副反応について

コロナワクチンの副反応については、いろいろな人がいろいろなことを言っていますが、遺伝子を操作しているだとか、将来不妊になるとかというのは、全く医学的根拠とかけ離れている話です。ワクチンのメッセンジャーRNAというのはコロナの話であって、人間の遺伝子に何か操作されるというものではありません。

じゃあ10年後は大丈夫なの?

その質問には答えられません。ワクチン接種して10年経過している人がいないからです。

でもね、考えてみてほしいの。いま子供たちにフツーに打っているワクチンも、最初はいろいろ言われたの。肺炎球菌もヒブワクチンも。4種混合も日本脳炎も。そのたびに医療者がワクチンのメリットを訴えて当時の親御さんたちが不安に思いながらも接種してくれたおかげでいまみんなが不安なく接種できているんだと思うんだよね。。。

食べ物だって、その野菜が食べられるのかどうか、食べてくれた人がいるからいま食卓にフツーに並ぶわけじゃん。

コロナワクチンもみんな初めてだから不安に思うのは仕方ないと思うけど、欧米の子供たちは何百万人も打っているし、世の中全体のため、将来生まれてくる子供たちにとって当たり前のワクチンになるように、勇気を出してほしいと思っています。

よく聞かれるけど、自分の子供だったら打ってますよ。(私はいつも、自分だったら、自分の家族だったらって思いながら診療してるから、先生のこどもだったらどうしますか?という質問は好きじゃないんですけどね・・・最後に辛口すみません💦)

1 2 3 4